しわ・たるみ

たるみ・しわの原因

皮膚の重みに耐えきれなくなり、顔が全体的に下に垂れ下がってしまう状態を「たるみ」と言います。

しわやたるみができるのは、主に肌の水分量が不足していることや筋力が低下していることが原因だと言われていますが、具体的にどのようなメカニズムで発生するのでしょうか。しわやたるみができる原因について詳しく見ていきましょう。

弾力機能が損なわれる

ハリのある肌を保つためには、適度な水分量を保ち、弾力機能を正常に働かせる必要があります。

しかし加齢、紫外線、乾燥、ストレスなどの影響によって肌の水分が失われ、ターンオーバーがうまく機能しなくなります。その結果、真皮層と表皮のバランスが崩れ、皮膚のクッション機能が損なわれるため肌の弾力が低下するのです。

また、真皮層にダメージが加わることで、美肌を作るコラーゲンやエラスチンなどの生成を妨げることにもなりかねません。特に紫外線は、真皮層に多大なダメージを与えてしまいますので、しみやたるみを作る大きな原因となります。

表情筋の働きが低下する

身体の筋肉は骨についているのに対し、顔の筋肉は皮膚に直接ついています。そのため、皮膚のハリを保つには表情筋の力が不可欠になるのです。

しかし、ターンオーバーが行われる中で表情筋を繰り返し動かすと、形状記憶力のある皮膚にしわが刻まれやすくなります。

また、加齢や紫外線、ホルモンバランスの乱れなどによる肌の水分不足が原因で皮膚の皮下脂肪層にまでダメージが加わり、さらにしわやたるみが目立つようになってしまうのです。

寝ているとき以外は、頭から足に向かって重力が働いている状態なので、表情筋の働きが低下すると皮膚は下にたるみやすくなります。

皮下脂肪が増える

皮下脂肪は、脂肪の中の大部分を占める組織です。指でつまむことができるのが特徴で、一般的に脂肪だと認識されているのはこの皮下脂肪なのです。

身体に必要なエネルギーを貯め込んだり、体温を高めたりする役割を担っていますが、皮膚に近い部分に蓄積されるため、増えると目に見えて分かります。

また、皮下脂肪が増えることで、皮膚が脂肪の重みに耐えきれなくなり、たるみを引き起こす原因となってしまうのです。皮下脂肪は落ちにくいという性質があり、一旦蓄積されると落とすのが難しいので注意が必要です。

たるみが表れやすいパーツ

たるみが表れやすいのは、顔や首、太もも、腹部などの部位です。特に顔は身体と違って常に露出している部分なので、紫外線によるダメージを受けやすく、皮膚がたるみやすくなっています。

また、顔のたるみは目の下や頬、口元、顎、瞼など全体的にできるのが特徴なので、目立ってしまいがちです。

首や身体のたるみは衣服で隠すことができますが、顔は隠すことができないので、紫外線対策やスキンケア、クリニックの施術などを受けて改善を試みてみましょう。

たるみが現れる前兆は「しわ」

顔のたるみを発生させないためには、前兆となるサインを見逃さないことが大事です。

たるみの主な前兆サインとして挙げられるのが「しわ」です。初めに目元や目尻に小さなしわが表れ、さらに時間が経つと目の下にクマができたり、鼻の下から口にかけて縦じわができたりします。

このような症状が現れ始めたら要注意なので、早めに美容皮膚科を受診するようにしましょう。

小さいしわだからと言って何もせずに放置していると、症状がどんどん悪化して皮膚がたるんでしまいます。一度たるんでしまった皮膚は、セルフケアで改善することは難しいので、その前にケアしておくことが大切なのです。

美容皮膚科には、皮膚トラブルに関するエキスパート達が多く在籍しており、様々な技術を駆使して顔の気になるたるみを改善してくれます。

すでにたるみができてしまっているという方でも、遅くはありません。専門家に相談することで、最適な解決策を導き出してくれるでしょう。

シワやたるみの治療に効果を発揮する美容機器「e-max」などについて、福岡の美容皮膚科クリニックでの導入状況をリサーチしてみました。

シワやたるみの改善に特に有効な「e-max」

e-max

紫外線や皮膚の老化により、コラーゲンや弾力繊維が減少して起こる
シワとたるみ。

その改善に効果を発揮するのが、シネロン社の「e-max」です。

e-maxは、一台でレーザーと光、高周波、赤外線を搭載しているという優れもので、肌の深部から表層までまんべんなく照射することができ、1回で即効性が見られる上に、痛みはほとんどありません。

3種類のヘッドが用意されており、シワやたるみのほかにも、シミ、毛穴トラブルも効果があり、脱毛にも利用されます。

また、ダイオードレーザーと高周波を組み合わせたe-maxマトリックスIRは、シワの改善ほかに、リフトアップや肌質の改善、傷痕の改善にも高い効果があります。

レギュラーモードでは、額や目の周り、口の周りのシワなど、ピンポイントで照射が可能で、
テクスチャーモードでは、顔全体に照射して、広範囲の小ジワを改善し、肌質を向上させます。

シワ・たるみに効果のある美容機器の導入状況@福岡

  • 天神皮ふ科
    e-max(Trinity、マトリックスIR、オーロラ、ハイパーオーロラ)
  • 聖心美容クリニック 福岡院
    イントラセル、イントラジェン、ウルセラシステム、ライムライト
  • 新幹線ビル皮フ科
    e-maxSR(ハイパーオーロラ)
  • メディアージュクリニック福岡
    IPLフォトブライト(BBL)、サーマクール
  • 村田クリニック
    Vビームレーザー、フラクショナルレーザー(モザイク)
  • 湘南美容皮膚科
    スペクトラ(小倉院)、SBCレーザーフェイシャル(福岡院)
福岡県内【エリア別】おすすめ美容皮膚科 Top5はこちら