ムダ毛処理

福岡の美容皮膚科クリニックで脱毛に利用されている「YAGレーザー」「ジェントレーズプロ」を調査しました。

医療レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛とは、照射された熱が毛根のメラニン色素に吸収されて、髪を成長させる組織を破壊させ新しい毛が生えないようにする脱毛方法です。黒いものにしか反応しないため、皮膚に与えるダメージはほとんどなく安心して脱毛することができます。

ムダ毛脱毛は医療レーザーの使える美容皮膚科で

美容皮膚科では、医療レーザーによる脱毛を行っているところもあります。

医療レーザーは、エステサロンで使用されている光脱毛などよりも出力が高く、その分効果も大きいのが特徴です。

さらに美容皮膚科などのクリニックで医療レーザー脱毛を受けると、万一、肌が傷ついてしまったときでもすぐに処置してもらえるという安心感があるのもメリット。

そんな医療レーザーにも色々な種類がありますが、中でも脱毛に有効だと言われているのがYAGレーザーです。

YAGレーザーは他のレーザーよりも長い波長の光を持っており、黒いメラニンの部分に高い反応を示すアレキサンドライトレーザーなどが不得手としている、色素沈着のある部分にも安全に照射可能です。

毛根が深部にあるムダ毛処理には特に力を発揮するマシン。

また、アレキサンドライトレーザーとは違い赤い色にも高い反応を示すことから、皮膚の奥の毛細血管に光を反応させて頬の赤味改善にも転用できます。

シミやくすみのほか、光の照射でコラーゲンの再生を促進させる力もあるため、肌にハリと潤いのある肌へと導かれるのも嬉しい点。

この他に、Gentlemaxジェントレーズプロなどが脱毛に利用されます。

ムダ毛処理に効果のある美容機器の導入状況@福岡

  • 天神皮ふ科
    YAGレーザー、Gentlemax
  • 品川スキンクリニック
    ジェントレーズ
  • 藤野クニリック
    ロングパルスNd-YAGレーザー、光脱毛
  • 新幹線ビル皮フ科
    Gentlemax、ジェントレーズプロ
  • 村田クリニック
    I2PL脱毛

医療レーザー脱毛の効果とメカニズム

メカニズム

レーザーは、波長を調節することで特定の色や物質にだけ反応するようにできます。脱毛に使用される医療レーザーは黒いメラニン色素にだけ反応するように調整されているため、肌を傷つけずに組織を破壊することができます。

その結果、毛を再生できなくしたり、遅らせたりすることができます。

効果

医療レーザーはエステサロンで行われている光脱毛よりも効果が高く、毛が無くならないという人がいないほどです。まれに何度もレーザー脱毛をしたけど毛が残っているという人もいますが、自己処理で毛を抜いていると毛穴が変形してしまい脱毛効果が薄れることがあります。

レーザー脱毛は効果が高いため、5回~8回ほどの短期間で脱毛を完了することができ、ほぼ永久的に毛が生えてこないようにできます。しかし、毛質によって効果が期待できない場合もあり、産毛、栗毛、白髪のような毛質はレーザー脱毛しても残ってしまう可能性があります。

医療レーザーの特徴を見ると次のような人は高い効果を期待できます。

  • 短期間もしくは少ない回数で永久的な脱毛をしたい
  • 高い脱毛効果を実感したい
  • 太い毛の脱毛を効率よくしたい
  • 肌にダメージを与えない脱毛をしたい

上記のような脱毛をしたい人は美容皮膚科クリニックでカウンセリングを受けてみましょう。

美容皮膚科クリニックとエステサロンの違い

医療レーザー脱毛は医療機関でしか施術ができない

脱毛効果の高い医療レーザーは、免許を持つ医師がいる医療機関でしか取り扱うことができないため、エステサロンなどでは使用できません。

そのため、エステサロンで行われている脱毛は効果が劣りますが、メリットもあるのでエステサロンで脱毛を終わらせている人もいます。人によって相性もあるので両方のメリット・デメリットを見たうえで判断したほうが良いでしょう。

また、美容皮膚科クリニックとエステサロンの両方でカウンセリングを受けて選ぶと、自分に合う脱毛方法を選ぶことができます。

レーザーの違いについて

エステサロンで使用されている脱毛機は光脱毛(フラッシュ脱毛)と言われるものです。医療レーザーと比べると、照射の出力が弱いです。医療レーザーの出力を強くできる理由は、医師と認められた人が常にいるからです。

人によっては強いレーザーで脱毛すると、肌に異常が現れたりする可能性があります。このようなトラブルが起きても医療機関では早期に対応することができるため、医療レーザーで脱毛を行うことができます。

脱毛期間

医療レーザー脱毛は、毛の成長期に行うと高い効果が期待できます。毛の周期は全て同じではなく、箇所によって違うので、それぞれの成長期に合わせて脱毛していくとより高い効果をえることができるでしょう。

目安としては1ヶ月半~2ヶ月ほどの間隔をあけて5回~8回ほどの施術で毛はほとんどなくなります。毛の量や質によって脱毛期間は変わるので個人差はあります。

エステサロンの場合はレーザーの出力が弱いため、効果を実感するまでに12回~18回ほど約2年~3年ほどの長い期間必要になります。短期間で脱毛を終わらせたい人は医療レーザーがおすすめです。

料金

医療レーザーと光脱毛の料金を比較すると医療レーザーが高いです。しかし、脱毛完了までにかかる期間も含めて見てみると、医療レーザーは1回の効果が高く、期間も短いです。

光脱毛の場合施術を受ける回数が多くなるのでその分費用が掛かります。同じ回数で料金を比べるのではなく、脱毛完了までの期間のことなども含めたトータル面で見ると医療レーザーの方が安くなることもあります。

毛の量や質によって回数などが変わってくるため、まずはカウンセリングで何回ほどの施術が必要か確認してみるといいでしょう。

痛み

脱毛の痛みは照射出力の大きさが大きければより痛みは強くなります。そのため、美容皮膚科の医療レーザーとエステサロンの光脱毛を比べると、出力の強い医療レーザーの方が痛みは強いです。しかし、その分脱毛効果が高いことは確かです。医療機関によっては痛みを軽減させることができるので、確認してみましょう。

医療レーザー脱毛の痛みは麻酔で軽減することができる

美容皮膚科で医療レーザーの脱毛を行うときは痛みを軽減させるため、麻酔を導入することができます。ここで2種類の麻酔を紹介していきます。

笑気麻酔

この麻酔は吸引タイプの麻酔で、マスクを着けて30秒ほどするとお酒を飲んで心地よく酔ったような感覚になります。笑気麻酔の正式名称は亜酸化窒素で、濃度を自由に変えることができ、臭いはなく危険性も低いです。

しかし、妊娠している人に使用することは出ないので、妊娠している可能性がある人はきちんと申告しましょう。麻酔が効いている時は意識があり、リラックスした状態で痛みを感じにくくなります。吸引用マスクを外せばすぐに麻酔の効果はなくなります。

クリーム麻酔

この麻酔はクリームタイプで皮膚に直接塗って感覚を鈍くする麻酔です。塗ってから効き目が出るまでに30分ほどかかり、その後数時間ほど効果は続きます。麻酔が効いている間は、しびれているような感覚があります。

麻酔クリームは妊娠の可能性がある人でも使用することができますが、リドカイン(キシオロカイン)が主成分のため、アレルギーのある人は使用できません。

また、リドカインは使用方法によっては中毒性が出るため一度に使える量が決まっています。そのため、脱毛時の麻酔としては痛みを強く感じる部分を優先的に塗るのが一般的です。麻酔効果は笑気麻酔よりも高く、価格もクリーム麻酔の方が上です。

福岡県内【エリア別】おすすめ美容皮膚科 Top5はこちら