ホクロ・イボ

ホクロやイボの除去に有効な「CO2レーザー」と、このマシンを導入している福岡の美容皮膚科について調べてみました。

原因の異なるホクロとイボの除去方法

ホクロとイボは似ているようで、原因が全く異なります。

ホクロは、紫外線や外部の刺激から肌を守ろうとして体内で生産されるメラニン色素が元で発生します。

イボは、「ヒトパピローマウィルス」、別名「ヒト乳頭腫ウィルス」が傷口などから体内に侵入することで感染し、肌にイボができます。

イボの除去には、「冷凍凝固法」(患部に液体窒素を当てて菌に侵された皮膚を壊死させ、原因菌とともに押し出す方法)という方法もありますが、ホクロと同様に、医療レーザーで除去することもできます。

医療レーザーでは炭酸ガスによるCO2レーザーが用いられることが多いです。

1回の照射で効果が現れる場合と数回の施術が必要なケースがあるので、通院回数など医師と良く相談して決めるようにしましょう。

ほくろとシミのちょっとした違い

ほくろとシミには、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

まずほくろは、正式には「色素性母斑」や「母斑細胞母斑」と呼ばれており、メラニン色素が持つ細胞が増加してできるのが大きな特徴です。簡単にいえばメラニン色素の集合体なので、表面が盛り上がったり、ざらざらしたりと皮膚との境目がはっきりしています。

一方でシミは、メラニン色素が皮膚に沈着することで発生する症状です。ほくろと違って表面の盛り上がりやざらざら感がなく、境目がはっきりしません。皮膚の一部が茶色または黒っぽく変色し、モヤのような形で表面に表れるのが特徴です。

また、ほくろはファンデーションを重ねても隠すことができないのに対し、シミの場合はカバーすることができます。

ほくろとシミは似ている症状ですが、このような違いがあります。見分けるときの基準として、覚えておくといいでしょう。

レーザー以外のほくろとイボの手術方法

ほくろ

■くりぬき

パンチやトレパンなどといった筒状の器具を用いて、ほくろを直接くりぬく方法です。

くりぬいた後は、傷口を巾着状に縫う「巾着縫合式」という方法と、何もせず傷が塞がるのをそのまま待つ「オープントリートメント式」という方法のどちらかで対処していきます。

一般的なメス切開縫合手術とは違って、どんなほくろにも対応できるわけではなく、取り除けるほくろの大きさが決まっています。その限度はクリニックによって異なりますが、直径5㎜ほどの大きさまでなら取り除くことが可能です。

■切除縫合

切除縫合手術は、ほくろの除去手術の中で最もポピュラーな手術法です。メスを使って紡錘状にほくろを切除し、縫合していきます。

別名「皮弁法」とも呼ばれており、ほくろよりも大きめに皮膚を切開することで綺麗に縫合できるので、傷跡が目立ってしまう心配もありません。

また、皮膚組織の深い部分から切り取ることで、ほくろの根元部分からしっかり除去できるので、再発する可能性も低いでしょう。

■電気分解法

電気分解法は、「サージトロン」と呼ばれる機器を使って行う手術法です。サージトロンから発せられる特殊な高周波を照射すると、ほくろの組織が蒸発して除去できる仕組みとなっています。

5㎜~6㎜の盛り上がったほくろの場合だと、1回の手術で完全に取り除くことができるため、何回も病院に通う必要がありません。

手術にかかる時間は1~2分程度と非常に短く、きちんとケアすれば数か月で傷跡は消えるので安全性が高い手術法だといえるでしょう。

イボ

■内服薬

イボの除去治療は、「ヨクイニン」と呼ばれる内服薬を使用して行われます。日本では「ハトムギ」の名で親しまれており、中国南部から東南アジアにかけて生息するイネ科の植物ハトムギが原料となってできています。

ヨクイニンにはタンパク質やビタミン、カルシウム、カリウム、鉄などの豊富な栄養素が含まれており、身体の免疫力を高めてくれる効果があります。

イボの除去に直接作用するわけではありませんが、免疫力が高まることでイボの原因となるウイルスの働きを弱めることができます。

効果が出るまでに多少時間はかかりますが、他の手術法と違って身体を傷つけることがないので痛みを感じる心配がありません。

ほくろやイボの除去手術には、このように様々な方法が存在します。人それぞれの症状によって効果が出やすいものとそうでないものがありますので、きちんと内容を確認した上で自身に合った手術法を選びましょう。

ホクロ・イボに効果のある美容機器の導入状況@福岡

  • 天神皮ふ科
    CO2レーザー、冷凍凝固
  • 品川スキンクリニック 福岡院
    QスイッチYAGレーザー、Qスイッチルビーレーザー、CO2レーザー、フォトOPS、LP-YAGレーザー、フラクショナルCO2レーザー、アキュチップ、ジェネシス
  • 新幹線ビル皮フ科
    CO2レーザー
  • メディアージュクリニック福岡
    CO2レーザー
  • とも皮膚科
    CO2レーザー
  • 村田クリニック
    エルビウムYAGレーザー
  • 野伏間クリニック
    Qスイッチルビーレーザー
福岡県内【エリア別】おすすめ美容皮膚科 Top5はこちら